2007年05月17日

postgresqlでパスワードを忘れたときは?

使えるかどうかまだ、未検証。

pg_hba.conf で設定している認証方式を元の認証を利用しない設定に戻してから、再度パスワードの設定を行うことで、パスワードを忘れても新しいパスワードを設定できます。認証方法変更中に他のユーザによる操作などに影響されないように十分注意してください。

手順:

pg_hda.conf ファイルを vi などのエディタで開き、認証方式を trust に戻す
postgres ユーザで pg_ctl reload を実行
psql などのターミナルやクライアントソフトなどでパスワードを変更
pg_hda.conf ファイルを vi などのエディタで開き、認証方式を元に戻す (例:md5)
postgres ユーザで pg_ctl reload を実行
posted by hanamako at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | postgresql | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。