2006年02月03日

テーブルバックアップ方法

既存のテーブル変更する際に、
既存データを取っておくために、便利です。

pg_dump -U "ログインいID" -D -t "対象テーブル" "対象DB" > "出力ファイル"

-U:指定したユーザとして接続
-D:INSERTコマンドに対して、明示的に、カラムをつける
-t:対象テーブルを指定
posted by hanamako at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | postgresql | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12684195
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。